Happy-hungry‐Labo  ハピハグラボ

Happy Hug-ハピハグ(https://happy-hug.jp/)-の非公式Friend Ship

もう一度同じ景色を見たかった。 #2.打ち上げ花火 下から見るけど少し高めから見る

#2.打ち上げ花火 下から見るけど少し高めから見る

『300メートル先を左です。』

  カーナビゲーションの女性は冷たくも優しくもなく、ただ進むべき道を教えてくれる。

「新しい道・・・絹延橋に直接抜けるのか?」

「このカフェはまだやっているんだな。なんなら昔より繁盛しているような・・」

 田舎の風景は、小さく、しかしわかりやすく変化する。

 車を止めて辺りを見回すと、目の前の実際の景色よりも、記憶に残る昔の風景の方が鮮明なことに気づく。
 
 変わらない景色に変わった景色がかき消されて、全てがあの頃の景色に変わっていくのがわかる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

米米CLUB       「浪漫飛行
井上陽水        「リバーサイドホテル」
プリンセスプリンセス  「Diamonds」
爆風スランプ   「Runner」
・浜田 麻里    「Retuen to Myself」

 親父のブルーバードのカーステレオはまだまだAMラジオ全盛で、その時もヒットチャートが流れていた。

1990年 8月 18日(土)

 家族5人、姉弟3人が後部座席でひしめき合うように座りながら、いつものポイントを楽しみにしていた。

「行くぞ!」

 親父が叫ぶと、中古で買った6年落ちの白いセダンは一瞬宙を舞って、若干性能が下がったであろうサスペンションで地面との衝撃を吸収しきれていないようだった。

 山を切り開いて作った大阪のベッドタウンは起伏が激しく、下ってはまた登るの繰り返し、坂道の最中にあるくぼ地はまるでジャンプ台のようで。

 中でも一番大きなくぼ地は、その地名から「萩原ジャンプ台」と呼ばれていた。

「今すごい音しなかった?」
「だめだ!爆発するかもしれない!」
「父さんの嘘だって。泣かないで良いよ。」
「おしっこはもう漏れちゃってるみたいですが、こいつ大丈夫か?。」

 まだまだ宅地開発も途上の町のアトラクションを超えて、ビッグサンダーマウンテンなんて知らなくて・・・そうだ、エキスポランドのジェットコースターみたいにお腹が浮き上がるような感触を何度か味わいながら、アップダウンの繰り返しでできた子供にとってはとても長い道のり。

 川西能勢口駅の踏切はいつも大渋滞だったから、隣の雲雀ヶ丘花屋敷駅前から阪急宝塚線の線路を越えて「旧」国道176号線とJR福知山線を横断して、その次は新しい方の国道176号線。
 
 地図で見ると176号線が2本平行に走る不思議な地理条件を横断して、自衛隊の駐屯地を超えて少し行った所に祖母の家があった。

 実際の地名は加茂の隣の久代なのだけれど、自分のことを「加茂のおばあちゃん」と表現していたので、そうやって覚えていた。

 真夏は無花果が最盛期で、そのあたりは一面、緑の大きな葉っぱで覆われて、大きく膨れ上がった無花果が垂れ下がっている。

 完熟すると、その後短い期間で落ちてモグラの餌になってしまうのだが、完熟で出荷するのがこの町の農家のこだわりだ。

 加茂のおばあちゃん家の屋上で、猪名川花火大会を見ながらみんなでご飯を食べるのが夏の楽しみの一つだった。

「どうぞ、加茂のおばあちゃん特製、ちらし寿しだよ。」

 口いっぱいに頬張りながら、1時間程の花火大会を楽しむ時間が毎年あるのだと、当時は疑うことを知らなかった。

 大阪府池田市兵庫県川西市の県境を担う猪名川上空に打ち上げられる花火は、他の地域の花火大会程に盛大では無かったのかもしれないけれど、子供の頃はそれが何よりも心を動かして、それこそが花火だと疑わなかった。

 花火大会が終わると急に秋が来る感じがして、そしたらすぐに一年が終わってまた次の花火大会を楽しみにしていた。

 毎年の楽しみを毎年繰り返しながら少しづく大人になっていくのだが、毎年の楽しみが当たり前のことでは無いと気付くには、もう少し時間がかかる。

f:id:papas-colour:20210130210308j:plain
どこにでもありそうで、どこにもないもの。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「普通の公立高校のラクビー部が、全国大会に行けると思うか?」

「行けないと思うならこんなに練習しませんねえ。」

「さすがキャプテン。しかし我々公立高校における冬の選手権には、私立強豪校のように3年生はいません。皆すでに受験勉強に明け暮れております。本校ラグビー部の3年生は、他にすることの無い我々二人だけです!」

「だから勝てないと言う訳ではないでしょう。諦めたらそこで試合終了ですよ。植村君。」

「喜多キャプテン。ラグビーがしたいです・・・・ってどこまでもついて行きます!」

 普通の公立進学校の二人の高校生。受験勉強をしないことの正当な理由を探して、それでも毎日を懸命に生きていたような気がする。

 公立高校の部活動では、7月のインターハイ予選で負けた段階で引退する3年生部員が大半だったこの時代に、夏休みの受験勉強時間を返上して、秋の国体予選に照準を合わせて日々練習に明け暮れていた。

 先に引退した部員に手を振られながら、クラブハウスに毎日通う二人の男子高校生。恐らく両親も呆れていたのかも知れない。

次回 「3.夏の日の1996 Classroom」
papas-colour.hatenablog.com